続・シム牧場日記

EA のゲーム『ザ・シムズ』のプレイ日記など

57. ゴス家、客を迎える(ゴス家)


ゴス家です。
シリーズではいちばん存在感があるはずなんですが、私の中ではあんまり存在感ありません。
最も長時間プレイしたのが2のせいか、ベラがほぼ印象にないし。
というわけで、老年の父モーティマー、YAの娘カサンドラ、その弟のアレキサンダーという3人家族です。
4のデフォルトのゴス家は右の方の空き家です。



ちょっと前の記事を読み返していたら、「執事はゴス家で雇ってみようと思います」みたいなことが書いてあったので、雇ってみました。
女性が来たのがちょっと意表を突かれましたが。



プレザント夫妻が引っ越し祝いに来てくれました。



しかし、放っておくと家族だけでかたまっちゃうのはいつもと同じ。



「お邪魔ですね」とか言って帰られると寂しいのでいちおう挨拶しました。
といっても、そもそもゴス家がプレザント家に挨拶に行ってるし、そのあともメアリー・スーが訪ねてきたので面識はあるんですが。
ケーキは持ってきたのかもしれないけど、家には置かれませんでした。



そしてさりげなく混じるパオくん。



カサンドラの作ったマカロニチーズまで食べてます。
カサンドラにはもちろん結婚相手を見つけるつもりなんですが、パオくんも悪くないかな。



モーティマーもお腹すいていて料理を取りに来ましたが、もうありませんでした。
2のときは大皿を狙った時点で料理が予約され、6皿分しかないはずなのに7〜8人食べられてしまうことがありましたが、さすがにそういうのはなくなったようです。



カサンドラは4人分作ったみたいなんですが、アレキサンダーともうひとりの客、たしかヴィンス・ウォルターが食べてなくなってしまいました。
この元校長の人、よく出てくるわりに名前が出てないのは、プレイヤー自身がうろ覚えだからです。



庭の面積が余っていたので、財力に任せて普通は公園に置いてあるような遊具を置きました。
庭のこのあたりって、2のデフォルトではウェディングアーチと椅子とかテーブルとか置いてあるスペースです。
友達が遊びに来るといいな。